スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海水魚の白点病

実は飼育しちゃったりしてるんですよ。
発端はみそ汁用アサリにヤドカリ君が混ざっていたのが始まり。

海水魚だとお付き合いしなければならない白点病。
遂に(?)ウチにも出たんですよ・・・
調べてみると海洋学で主に治療に使われるのが
銅イオンかLow solt water(低塩水?)らしい。
専門分野でもないのでこの辺りの専門英語は解りません・・・

でも薬は持ってないし、使いたくもないので
・水温を上げる
・真水を足す
をした後、ふと目にとまった植物用活力剤「HB-101」も
添加してみることにする(笑)
ただこれ、泡立ちやすくなるんでプロテインスキマーが
すごいことになってました(汗)

すると次の日、白点がかなり消えてるじゃないすか!
プロテインスキマーも元に戻ってるし。
で、今日の夕方、また若干白点が増えたような。。
またHB-101を追加してみよかな。。
スポンサーサイト

動きが可愛い

 研究室で魚を飼育しているんですが
ポリプテルス・デルヘジィという
魚がいます↓↓
polipu.jpg

動きが魚と言うより違う生き物の様な動きをします。
ウーパルーパ(白いイモリみたいなやつ)に近い?動きをします。


 なんでも化石種とほぼ同じ形態を残しているので現生化石種、
いわゆる古代魚とか、生きた化石とか言われてるみたいです。
色々調べてみると胚発生の卵割は
魚類様式ではなく両生類様式なんだとか。
この魚を見てると魚類から両生類が生まれたのが分かる気がします。

飼いはじめました

 研究室の自分机で飼いはじめました、熱帯魚。
それも「南米淡水フグ」とか言う淡水で飼育出来る種です。
CA250102.jpg

割合丈夫な水草を詰め込んでそれっぽい水槽に仕立て、
目にも優しい(?)感じにしました。
当のフグちゃんはというと、写真の右上の隅っこに。
後ろ姿でなんだか分かりません・・・


 フグにしては穏和な種類らしく(個体差はあるようですが)
それを信じてアカヒレとコリドラスを入れています。
数日経過してますがヒレをかじられたりすることなく
平和に過ごしております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。